WORKS

東大前の70㎡

Tokyo, JAPAN

2016

〈  WORKS一覧に戻る

東京の都心に建つ築40年のマンション一室リノベーションである。

 

求められたのは夫婦と2人の小さな子供たちのための住宅。

改修前は約70㎡のいわゆるファミリータイプと呼ばれる典型的なプランであった。玄関入ると廊下を挟んで左右には個室と水廻り。余ったスペースがリビングとなる。日本の建売マンションでは今なお執拗に繰り返されている間取りでもある。

 

X駅徒歩N分 N㎡ 築N年

 

日本の不動産はほぼこれだけの要素で価値が決まってしまうといっても過言ではない。今回はそうではなく、ここにしかない彼らのための住宅を、ごくごく標準的な70㎡というスケールのなかで実現すること。そこをゴールに設定し、設計をスタートした。

 

「家族4人、全員揃って同じ場所で過ごしたい」

 

そんなクライアントのおもいを大切にし、まずは、70㎡のうち約半分近くの30㎡を家族団らんの場所用に確保した。そのうえで、家族みんなで食事や作業ができる2.5m×1.6mの大きなテーブルを設計している。普段から布団を敷き川の字で寝ている住まい手は、新しい家でもベッドを必要とせず寝室は最小限に。浴室廻りも許容範囲内で最大限コンパクトにまとめている。

 

さらに、間仕切壁の厚さ分さえ面積がもったいないため、ここではほとんど壁を設けず、部屋どうしは十分な収容能力を持つ収納ユニットで仕切ることにした。便器や冷蔵庫などもみな収納の対象。これらすべてが家具のなかにおさめられている。

 

また、将来子供たちが大きくなり個室が必要となる状況にも対応できるよう、寝室の建具位置を調整するだけで容易に2つの子供部屋が確保できるような構成をとっている。

 

行き止まりを無くし回遊性をもたせた平面は、心理的な空間の広がりを増長させ、風のとおりみちをつくり、窓を開ければ心地良い自然の風を運んでくれる。

延床面積:

68.70㎡

竣工:

2016年4月

建築設計:

佐野健太建築設計事務所

担当:佐野健太

家具設計:

佐野健太建築設計事務所 +

スティーユ

担当:佐野健太 + 星浩朗

照明設計:

岡安泉照明設計事務所

担当:岡安泉、杉尾篤

建築施工:

ルーヴィス

担当:重久萌

家具施工:

スティーユ

担当:星浩朗

 

 

©Kenta SANO & Associates, Architects